おいしい缶詰を購入したい

災害が起こっても良いように準備

パンが缶詰に入っている

災害が起こった時のために、パンの缶詰を購入しておくのが良い方法です。
缶詰の大きなメリットは、長期保存できるという部分です。
何年間ストックしておいても良いので、災害用に家族の人数分を注文してください。
特に調理が必要なく、缶詰を開けるだけで食べられる面も嬉しいですね。
これまでも非常食と呼ばれるものがありましたが、調理しなくてはいけないので手順が面倒でした、

災害時は焦っているので、うまく調理できないことがあります。
するとおいしくない食事になってしまうでしょう。
缶詰の方が、簡単に食べられるのでおすすめです。
もちろん味にも、問題はありません。
災害時こそおいしいものを食べて、少しでも気分を高めてください。

コンパクトというメリット

もう1つのメリットは、コンパクトという部分です。
かさばらないので、缶詰は非常用持ち出し袋に入れやすいと言われています。
最低でも、3日分の食料を持って避難所に行かなければいけません。
かさばる食料を持っていると、荷物が増えて移動が大変になります。
コンパクトなパンの缶詰をリュックに入れると、誰でも持ち運びが楽になるでしょう。

食パンやクロワッサン、メロンパンなどパンの種類も豊富です。
避難所で食料の供給があるかもしれませんが、人数分がないかもしれません。
供給された分だけでは足りないかもしれないので、念のために自分たちでも食料を持って行ってください。
いつ災害が起こっても良いよう、早めに注文しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る